明けましておめでとうございます!本年も宜しくお願い致します!

ちょっぴり遅くなりましたが、

明けましておめでとうございます!本年も宜しくお願い致します!

さてさて、本年はどんな物語になるのかと思うとワクワクしますね。

昨年からのコロナ禍での新年を迎えましたが、2度目の緊急事態宣言が発令されるなんて思ってもみませんでしたね。しかしながら、備えあれば憂いなしです。経営は、未来を創造していくからこそ生き残れると思います。生き残れないとすれば、未来を創造する力がなかったということも考えられる。

今年の目標は、

株式会社野口徳太郎商店 テーマ「お茶屋という思考の脱却」

今まで培ってきた経験や歴史はもはやいらないのかもしれない。ゼロベースで全てを考えてみたい。生き残るためには、どう行動するのか?もう100年生き残れる企業を作るための再構築。

株式会社さかいまちづくり公社 テーマ「自己脱皮」

第5期目を突き進む右肩上がりの会社が、会社として、地域商社としてどう進むべきか?地域商社としてのあり方は?販売業から製造業へ。そして他業種参入へ。

株式会社さかいまちづくりマネジメント テーマ「地域活性化を目指す学び舎創り」

今年からようやく、「1自治体1地域商社」をモットーに学び舎を開設します。ノウハウを共有し、運営できる人材を輩出してまいります。

境町観光協会 テーマ「リアルとバーチャルを組み合わせた街づくり」

自動運転バスが導入されたことにより、VRツアーやライブeコマースをとり入れ自然と近未来が体験できる街を目指してまいります。

境町ものづくり株式会社 テーマ「いい素材を生かした加工技術の充実」

今年は、様々なものづくりに挑戦してまいります。特に加工販売ノウハウの横展開をし、共有することにより、飲食店×加工のビジネスモデルを作ります!

SHED    テーマ「新たな時代の幕開け」

新しい食の発信基地を目指すべく、日本では新たな考え方のセレクトショップをオープンしてまいります。そして、地方活性化の一助になればと思います。

以上、本年も宜しくお願い致します!

追加:誕生日ありがとうございました!

富太郎社長の地域活性化する為の地域商社創り

20年間本業(製茶販売加工業)を中心に社会貢献をしてきたつもりが、ある日突然、地域のために、そして地域のさらなる活性化が、結果として社業を高めるとの思いから、観光協会長の役職をお受けしました。 その想いから6年経ち、地域商社としての機能も確立でき、お陰様で取扱高も21億円と1.5億円から10倍以上にもなりました。 今後、地方創生で地域が活性化するには、1自治体に、1地域商社の必要性を感じております。我々は、「道の駅ノウハウ×ふるさと納税ノウハウ」が今後の地域活性化の鍵になると考えています。 視察はこちらへhttps://www.sakaimachi.co.jp/infos/detail/?id=60&search_info_category_id=6

特に地域活性化を中心としたテーマのご依頼をいただいたのちに、 講演の目的や現況の課題等について問診をさせていただき、ゴールイメージを共有しながら、ご要望に応じたプログラム設計を処方させていただきます。

過去の主な講演テーマの例は、以下のとおりです。

❏稼げる観光ついて ❏地域商社の作り方 ❏新しいお茶文化の創造 ❏ふるさと納税で10倍稼げる方法 etc

⭐︎野口富太郎プロフィール

【講演・セミナー等の実績】※2020年11月13日更新

▶視察研修 日本茶植物工場について(2020年2月15日茨城県境町)

▶視察講演 観光と地域商社について(2020年1月21日茨城県境町)

▶視察講演 観光農業について(2019年12月14日茨城県境町)

▶視察講演 地域活性化事例DMO研修会 (2019年12月5日茨城県水戸市)

▶コンサルティング 今後のペンション運営の (2019年12月5日茨城県水戸市)

▶視察研修 道の駅戦略について(2020年11月12日茨城県境町)

▶視察研修 地域商社運営について(2020年11月13日茨城県境町)等

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です