隈研吾氏が手掛けるギャラリーと町産のワインや干し芋の研究開発施設

境町の中心市街地に、建築家の隈研吾氏が手掛けるギャラリーと町産のワインや干し芋の研究開発施設の2施設が誕生いたします。



▲2019年5月31日、都内で行われた記者発表の様子

晩年を境町で過ごした異色日本画家、粛粲寶(しゅくさんぽう)(1902〜94年)の作品を中心に、季節やテーマに応じた絵画など、30点から50点ほどを常設展示する。敷地面積約489平方メートル、延べ床面積114平方メートル。

銀座出世地蔵尊(銀座三越)
東京とりっぷサイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です